お墓などを管理するボランティア活動について

お墓などを管理するボランティア活動について ボランティアを生きがいとしている人は少なくありません。
数日前にも行方不明の子どもを発見した方が話題になりました。
社会貢献の一環として非常に有意義な活動ですし、人口減少のなかそういった有志の活動に期待がかかるという側面はあると思います。
そんななか、お墓を管理するボランティアというものも登場してきています。
お墓というのは死者が眠るという神聖な場所ですし、遺族の気持ちを預かる重要な場所でもありますが、外国人が荒らしたり、心無い若者が荒らしたりとトラブルが絶えません。
そういったお墓を守る管理者として主に老人の有志が墓守をしているという実態があります。
時間に余裕のある老人同志が集まって会話に花を咲かせているというのが実態でもあるのですが、有意義な活動ですし、やる意義のある活動でもありますので、今後も積極的に継続されることが望ましいといえます。
行政の側でも募集等に積極的に協力している状況のようですね。

墓の管理や清掃が困難なときには業者に依頼しよう

墓の管理や清掃が困難なときには業者に依頼しよう 墓が遠方にあったり時間がなかったり高齢だったりして、なかなか出かけられないという方もいることでしょう。
もし、墓の管理や清掃をすることが困難な場合には、業者に任せてしまうという方法もあります。
業者に任せれば、掃除のプロの手によって丁寧に清掃を行ってもらえます。
お金を支払って依頼するのですから、知り合いに頼んだりするときと違い、面倒なことを丸投げしてしまっても大丈夫です。
雑草が生えているときには、除草もしてもらえます。
中には、墓の所有者以外の人間が出入りすることを嫌がるお寺や霊園もあります。
そういったときにも、きちんとお寺や霊園に許可を取ったうえで作業をしてくれますので心配はいりません。
お寺や霊園の許可を得ることなく勝手に作業を行って、関係を悪化させられるようなことはありません。
墓の管理や清掃の代行サービスを利用するとなると、どれくらいのお金がかかるのかという点については、依頼先によって変わります。
依頼する前に、まず見積もりを出してもらいましょう。

新着情報

◎2019/7/10

墓の購入にかかる費用
の情報を更新しました。

◎2019/3/4

海外の墓の在り方
の情報を更新しました。

◎2018/12/19

墓管理・経営の分類
の情報を更新しました。

◎2018/10/18

墓の管理は難題といえる
の情報を更新しました。

◎2018/9/28

サイト公開しました

「墓 清掃」
に関連するツイート
Twitter

遅刻しましたが、顔を出させて頂きました🙇親切にありがとうございました🙇 【タウンニュース鎌倉版】頼朝の清掃続け四半世紀 毎月13日に市民ら

補足☆ コレで考えると、「合同」ってかなり先見の明というか合理的ってのが良く解るなぁ。 お墓の心配しなくていいし、子孫も何れはそこに入ってくれるし、常に清掃も献花もお線香も行き届いてるもんね。 お墓の心配不要なのはヒンドゥー教の「遺灰をガンジス川に流す」も「還る」て感じでイイね♬

今日は、24節気の清明節(陰陽師の安倍晴明とは全然関係ない)。中国の風習では「掃節」と呼ばれ、先祖の(風水)にお参りしてやその周囲の清掃をする。沖縄では清明祭(「シ-ミー」)を行うが、これは一族で先祖の風水にお参りし、清掃すると共に前で親類一族が皆集まって食事をする。

毎年、4月4日または5日に清明節が訪れます。日本で清明節と言えば、沖縄が特に注目され、中国と同様、祖先を祭り清掃する風習があります。しかし、昔の清明節は、桜を愛でながら宴を楽しむといった行事でした。