墓の管理は難題といえる

墓の管理は難題といえる 自分のルーツを大切にして先祖を偲んだり毎日の生活を見守ってくれる身内の霊に感謝する意味もあって、日本では昔から仏壇やお墓は非常に丁寧に大切に扱われて管理をするための責任者までが決められていました。ところが現代のように少子高齢化や核家族化が進んで仏壇やお墓を継承する人が年々減少する傾向に転じて歯止めがかからなくなったため、今では手間のかかる作業や行事などを引き受ける人も少なくなってしまったのです。
また地元の永代供養墓を数多く抱えているお寺でも、管理費などを負担してくれる檀家自体がどんどん減ってしまっているのでその台所事情はどこでも厳しいようです。しかも今後お寺と一緒に催事をおこなうような昔ながらの檀家などは増えず、全国的に見ても墓じまいのような供養すら盛んになってきています。人々が先祖を大事にして供養したい気持ちはあっても見通しは暗く、お寺では手間のかからない供養の方法を模索している状態であるといっても過言ではありません。

お墓を管理する仕事の求人

お墓を管理する仕事の求人 人と話しをすることが好きで、お仕事を探している方は、お墓を管理する求人を検討してみてはいかがでしょうか。
このお仕事は、お墓を利用したいと考えている方や、今現在霊園を利用している方のお世話などをする仕事です。どちらかというと若い方より年配の方とかかわる事が多く、人間の死とかかわる仕事でもあります。そのため人の心に寄り添う事が出来る方が向いています。特別な資格も必要ないので、子育てが終わりもう一度働きたいと考える方に向いています。
仕事は、霊園を購入したいと考えている方の案内をしたり、すでに利用されている方への対応や事務処理等をしたり、霊園を利用する方がいつ来ても気持ちよく使えるように霊園内の掃除や、トイレやベンチなどの掃除やメンテナンスを行います。この仕事は特別な資格は必要ありませんが、データーの整理をしたり、近年はブログを使って情報を発信している霊園も多い為、簡単なパソコンの技術は必要です。未経験で仕事をしながらスキルを磨く事ができるだけでなく、残業もほとんどないので予定もたてやすく女性の求人も多くあります。ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

新着情報

◎2019/7/10

墓の購入にかかる費用
の情報を更新しました。

◎2019/3/4

海外の墓の在り方
の情報を更新しました。

◎2018/12/19

墓管理・経営の分類
の情報を更新しました。

◎2018/10/18

墓の管理は難題といえる
の情報を更新しました。

◎2018/9/28

サイト公開しました

「墓 手間」
に関連するツイート
Twitter

一部のウマ娘ファンがやらかしたライスシャワーのに対する冒涜行為など、コンテンツと現実の区別がつかずラリってるヲタクがいるのも含めて、リテラシーってのをコンテンツ側の責任としてきちんと発信すべきだと思う。 とはいえ、金にならん事にいちいち手間かけるほど企業も暇でお人好しではない。

返信先:火葬の地でさえ何かの理由でを移転するには大変な手間と労力が必要です。まして土葬の場合、移転作業を引き受ける業者探しや移転先の確保さえできなくなり事実上土地が土葬で死ぬことになります。

も一家系が終わったらどうなっていくんだろうか、自分は入らないにしても誰が手続きをして管理するのだろうか。 親族でも何でもない赤の他人に世話になってしまう可能性もあるのなら余計、自分の死後について自分で考えてなるべく手間や迷惑をかけないようにしたい。

みちがぬいぐるみになって下部さんと一緒に暮らして下部さんが死んだ後は一緒にに入るということ❓ お墓はシンプルなのが1番なのだ、掃除の手間も減らせるぞ!と言っています 供養者側を思っている

昔から思ってるんだけど葬式出して欲しくないしもいらないんすよね、焼くのも手間だろうしその辺の崖から落として捨ててほしい 死はカジュアルに迎えたい