墓を管理する役目の人はどのような役目を担っているのか

墓を管理する役目の人はどのような役目を担っているのか 墓地でもその面積が広大であったり民間会社が施工した場合には墓を管理する場合があり、この場合には必要に応じて定期的に訪れたり、日中の間だけ併設されている管理人室に待機して、訪れる人の対応に当たる場合があります。
そこで利用者からすれば頻繁に訪れることができない場合に、依頼すれば個別の掃除などを行ってもらえるのかということですが、そのような個別の事案には対応していないというのがほとんどになっています。それはそこにいる理由の多くが墓を荒らす人や動物を監視するためであり、清掃作業を行っていてもそれは来訪者が集まるような場所や施設であり、墓そのものにはその所有者に対応してもらうというのが基本のスタンスになっているからです。
この清掃に関しては民間会社が運営している場合には委託して行っていたりしますが、それでも実施するのは通路などの共有部だけで、個々のものにまでは対応していないので注意が必要でしょう。
実際の仕事は来訪者などの人に対するものであり、そのために共有で使用するものについては業務内容に含まれていますが、多くのケースで何か不具合があればそれを担当する人に連絡をして、その対処をしてもらうということになります。そのため連絡的な役割を担っていると考えればよく、何かあった場合には対応してくれるので聞いてみて下さい。

現代日本社会におけるお有志によるお墓の管理について

現代日本社会におけるお有志によるお墓の管理について 今の日本社会においては、NHKが「無縁社会」という造語を作った通り、人と人の繋がりが希薄化し、お墓に管理について特に地方や過疎地で問題になっています。東京など都市部においては特定の霊園などを営利企業が運営し、それによってお墓の管理運営が行われていますが、地方・過疎地においては住人の高齢化・過疎化によりお墓を管理する人がいなくなってしまっている墓地も少なくありません。
そこで、地域住民が有志を募り、町内会のようなグループ単位によりお墓の見守りをしているところもあります。
有志となる地域住民の人々も、高齢化が進んでいることが多くそれに苦慮しているところもあります。
「終活」という造語が一般化するほど少子高齢化の進んだ日本社会ですから、ある程度は仕方ないのかもしれませんね。
一例をあげますと筆者の母の故郷は山陽地方の本州からあまり離れていない離島なのですが、筆者は今では冒頭にあげた「無縁社会」の言葉の示す通りに親戚との繋がりもなくなり、その離島は今では廃墟に近いような状態になっています。
無縁社会、過疎化、東京一極集中…こういう状況だからこそ、人と人の繋がりを大事にして、特に過疎地域の地域住民の皆さんはお互いに支え合うべきでしょう。

新着情報

◎2019/7/10

墓の購入にかかる費用
の情報を更新しました。

◎2019/3/4

海外の墓の在り方
の情報を更新しました。

◎2018/12/19

墓管理・経営の分類
の情報を更新しました。

◎2018/10/18

墓の管理は難題といえる
の情報を更新しました。

◎2018/9/28

サイト公開しました

「墓 管理」
に関連するツイート
Twitter

返信先:シーミー(生命祭)は、ご馳走を作ってで食べるので、昔は大きさが必要でしたが、今のはコンパクトにして、食事が出来るアズマヤ(屋根付きテーブル)みたいなスペースを管理会社で設営されてます。 確かに便利だし衛生的に○ 本土から来た嫁泣かせ

お墓って、無縁仏やじまいが増えると管理費が集まらなくなって、管理されなくなるから木々や雑草が茂り廃地になるしかなくなってくる お墓離れは良いのだけど、 お参りに行く人が辛い思いするのは嫌だな 国は本気でお墓事情にメスを入れる時だよ

返信先:この記事良く分からないのですが、寺であったのに檀家がいなかったという事でしょうか? 通常は、檀家が寺や管理をすると思います。 私の地域では、管理費を毎年寺に払っており、住職が勝手に売却など出来ませんが! 神社にしても氏子が管理しています。

お一人暮らしで将来の所を確保したい都民の方へ明日から都営霊園の公募が始まります。多磨・小平・八柱霊園の合葬、樹林型合葬の生前申込みが可能です。例年競争倍率が高いのですが毎年八柱霊園はほぼ競争無しです。申込み無料費用は約5万円を1回だけで管理費等無し。 

死とか言っとるけど、今管理とかその辺でめちゃくちゃ頭抱えてるから片足くらい棺桶入ってる気分