墓を管理する役目の人はどのような役目を担っているのか

墓を管理する役目の人はどのような役目を担っているのか 墓地でもその面積が広大であったり民間会社が施工した場合には墓を管理する場合があり、この場合には必要に応じて定期的に訪れたり、日中の間だけ併設されている管理人室に待機して、訪れる人の対応に当たる場合があります。
そこで利用者からすれば頻繁に訪れることができない場合に、依頼すれば個別の掃除などを行ってもらえるのかということですが、そのような個別の事案には対応していないというのがほとんどになっています。それはそこにいる理由の多くが墓を荒らす人や動物を監視するためであり、清掃作業を行っていてもそれは来訪者が集まるような場所や施設であり、墓そのものにはその所有者に対応してもらうというのが基本のスタンスになっているからです。
この清掃に関しては民間会社が運営している場合には委託して行っていたりしますが、それでも実施するのは通路などの共有部だけで、個々のものにまでは対応していないので注意が必要でしょう。
実際の仕事は来訪者などの人に対するものであり、そのために共有で使用するものについては業務内容に含まれていますが、多くのケースで何か不具合があればそれを担当する人に連絡をして、その対処をしてもらうということになります。そのため連絡的な役割を担っていると考えればよく、何かあった場合には対応してくれるので聞いてみて下さい。

現代日本社会におけるお有志によるお墓の管理について

現代日本社会におけるお有志によるお墓の管理について 今の日本社会においては、NHKが「無縁社会」という造語を作った通り、人と人の繋がりが希薄化し、お墓に管理について特に地方や過疎地で問題になっています。東京など都市部においては特定の霊園などを営利企業が運営し、それによってお墓の管理運営が行われていますが、地方・過疎地においては住人の高齢化・過疎化によりお墓を管理する人がいなくなってしまっている墓地も少なくありません。
そこで、地域住民が有志を募り、町内会のようなグループ単位によりお墓の見守りをしているところもあります。
有志となる地域住民の人々も、高齢化が進んでいることが多くそれに苦慮しているところもあります。
「終活」という造語が一般化するほど少子高齢化の進んだ日本社会ですから、ある程度は仕方ないのかもしれませんね。
一例をあげますと筆者の母の故郷は山陽地方の本州からあまり離れていない離島なのですが、筆者は今では冒頭にあげた「無縁社会」の言葉の示す通りに親戚との繋がりもなくなり、その離島は今では廃墟に近いような状態になっています。
無縁社会、過疎化、東京一極集中…こういう状況だからこそ、人と人の繋がりを大事にして、特に過疎地域の地域住民の皆さんはお互いに支え合うべきでしょう。

新着情報

◎2019/7/10

墓の購入にかかる費用
の情報を更新しました。

◎2019/3/4

海外の墓の在り方
の情報を更新しました。

◎2018/12/19

墓管理・経営の分類
の情報を更新しました。

◎2018/10/18

墓の管理は難題といえる
の情報を更新しました。

◎2018/9/28

サイト公開しました

「墓 管理」
に関連するツイート
Twitter

ガサガサ漁ってたらしっかり書き込んでる絵も出てきたんですが怨霊化クトゥルフ化?拘束顧客管理嘔吐大小スカ肥満化捕食丸呑み……とやべー絵ばっか出てきて「まあ顔の落書きとか以外で公開してない絵ってなるとまで持っていくつもりの絵になるよな……」と深夜テンションが覚める心地でした

返信先:先渡し良いですね👍🏻ノート等に一連の流れや希望等も書いておいて貰うのも、うちは助かりました。 お寺めっちゃ金ピカで私、天井ばかりボーッと見てました。相当儲かっているなと( ̅᷄꒫ ̅᷅)明細みて納得。。 管理しきれない方が胸が痛いからたたんで手元供養に決めました。 本当気持ちが1番!

祖父が亡くなった時、父が戒名代金を値切ろうとして、お坊さんから雷説教が落ちたのを見た。父が亡くなった時は戒名無しの家族葬で^_^。父納骨式の時に墓管理会社が気を利かせて呼んだお坊様が祖父の時と同じ坊様で冷や汗出た。その際、坊様に今度、寺に遊びに来なさいと笑顔で誘われ背筋が凍る…。

お墓をあんたに任せて…とか言われたからおいやめろクリスチャンに仏教式の管理させるな…いやまてよご住職とお話しするのは楽しそう…とか危うく絆されるところだった

返信先:香港自管理岂不可能.除非香港獨立!不然香港永遠乃是疆尸城.一個地方的成就和繁荣乃是靠什么?.....言論自由.才有思想自由.灵魂自由才有行動自由!岂不是英國留俾香港的寶貴遣产?而中共的價值觀.乃是欲當疆尸.去跟邪恶獨裁习猪帝一起走向毛爹爹坟裡.去當一個合格奴役.