墓を管理する役目の人はどのような役目を担っているのか

墓を管理する役目の人はどのような役目を担っているのか 墓地でもその面積が広大であったり民間会社が施工した場合には墓を管理する場合があり、この場合には必要に応じて定期的に訪れたり、日中の間だけ併設されている管理人室に待機して、訪れる人の対応に当たる場合があります。
そこで利用者からすれば頻繁に訪れることができない場合に、依頼すれば個別の掃除などを行ってもらえるのかということですが、そのような個別の事案には対応していないというのがほとんどになっています。それはそこにいる理由の多くが墓を荒らす人や動物を監視するためであり、清掃作業を行っていてもそれは来訪者が集まるような場所や施設であり、墓そのものにはその所有者に対応してもらうというのが基本のスタンスになっているからです。
この清掃に関しては民間会社が運営している場合には委託して行っていたりしますが、それでも実施するのは通路などの共有部だけで、個々のものにまでは対応していないので注意が必要でしょう。
実際の仕事は来訪者などの人に対するものであり、そのために共有で使用するものについては業務内容に含まれていますが、多くのケースで何か不具合があればそれを担当する人に連絡をして、その対処をしてもらうということになります。そのため連絡的な役割を担っていると考えればよく、何かあった場合には対応してくれるので聞いてみて下さい。

現代日本社会におけるお有志によるお墓の管理について

現代日本社会におけるお有志によるお墓の管理について 今の日本社会においては、NHKが「無縁社会」という造語を作った通り、人と人の繋がりが希薄化し、お墓に管理について特に地方や過疎地で問題になっています。東京など都市部においては特定の霊園などを営利企業が運営し、それによってお墓の管理運営が行われていますが、地方・過疎地においては住人の高齢化・過疎化によりお墓を管理する人がいなくなってしまっている墓地も少なくありません。
そこで、地域住民が有志を募り、町内会のようなグループ単位によりお墓の見守りをしているところもあります。
有志となる地域住民の人々も、高齢化が進んでいることが多くそれに苦慮しているところもあります。
「終活」という造語が一般化するほど少子高齢化の進んだ日本社会ですから、ある程度は仕方ないのかもしれませんね。
一例をあげますと筆者の母の故郷は山陽地方の本州からあまり離れていない離島なのですが、筆者は今では冒頭にあげた「無縁社会」の言葉の示す通りに親戚との繋がりもなくなり、その離島は今では廃墟に近いような状態になっています。
無縁社会、過疎化、東京一極集中…こういう状況だからこそ、人と人の繋がりを大事にして、特に過疎地域の地域住民の皆さんはお互いに支え合うべきでしょう。

新着情報

◎2019/7/10

墓の購入にかかる費用
の情報を更新しました。

◎2019/3/4

海外の墓の在り方
の情報を更新しました。

◎2018/12/19

墓管理・経営の分類
の情報を更新しました。

◎2018/10/18

墓の管理は難題といえる
の情報を更新しました。

◎2018/9/28

サイト公開しました

「墓 管理」
に関連するツイート
Twitter

7/7 →征服した土地の人々を徴発して王の管理させる。それが、帝国化した高句麗の栄光を可視化した風景であり、広開土王碑もまた、その風景の重要な一部だったのです。 ▶ 白井克也 2011「東アジア実年代論の現状」『古墳時代の考古学1古墳時代史の枠組み』東京,同成社,231-240頁

ワイのチャイナじゃないほうの中国に対する感覚 客の多い末端の一部区間を除く山陰線益田以西と美祢線→┏┛┗┓ 山口線と益田出雲市間→山口県と島根県頑張れ 芸備線下深川以遠の三次まで→自治体が維持管理できない駅は┏┛┗┓、自治体が維持できる駅だけキープ 芸備線残り区間→┏┛┗┓

返信先:すみませんアザ守り気付いたら売り切れたんですが在庫管理どうなってますか?安産祈願15年前に欲しかったですよね26時間かかりましたので🦭菅野業happy過ぎて飛び跳ねちゃった😆絶対続けて下さいねに入るまで……

掃除してたら、声をかけられた。「の場所が分からなくて」と。とりあえず管理事務所の場所を伝えた。色々な理由で会いたい人のの場所すら知らない人がいる。参り面倒とか聞くけど、場所を知っていて行きたい時に会いに行けるって有難いことだ。そこに私はいません〜とか言うけどそうじゃない。

返信先:他1空き家を解体したり地のじまいする時、大変です。特に空き家は相続放棄しても管理責任があるし相続人不明だと役所が戸籍を全て調べて確認するけど親族の中には土地があることさえ知らない人が多い。 弁護士の話では少額であっても相続関係で7割は揉めると言われてます。