海外の墓の在り方

海外の墓の在り方 日本では亡くなったあとは火葬されて先祖からの伝わってきた墓に埋葬されたり、近年では永代供養墓に納めたり自然葬をするようになっていますが、海外では火葬ではなく土葬を行う国も多いのが特徴的です。
宗教の違いがありキリスト教はカトリックとプロテスタントに大きく分けることができるのですが、キリスト教は死者は復活するという考えがあることから基本的には土葬になり家族全体同じ所ではなく一人ひとりとなります。
キリスト教についで多くの信者をもつイスラム教では死者の復活には体が必要ということで土に埋葬するようになり、必要なのは体で暮石に対してのこだわりはほとんどないのです。
国により土地が広大な所では土に還るようにそのままですが、土地不足になってきてある程度の年月は土葬とされていてその後に掘り起こし日本の納骨堂のような場所に移動させるところもあります。
火葬をして散骨をするのが一般的という国や、遺体のまま川に流したり風や鳥により風化させて墓を持たない国もあるのです。

海外と日本のお墓の違いについて解説します

海外と日本のお墓の違いについて解説します お墓は、日本では仏教国がベースにあるため、お寺に立地しているような形のものが大半になっていますが、もちろん海外にもお墓はあり、日本のものとはかなり趣向の異なるものもたくさんあります。
ヨーロッパは、基本的にキリスト教信仰国が多いため、火葬よりも土葬を実施するケースが一般的です。
埋葬方法にしても、指定場所以外の埋葬は禁止されているため、比較的規制の緩い国で見られるような自然葬の形式を選択できない国家もたくさんあります。
また、ドイツなどでは森のお墓といわれるように、環境保護の観点から樹木葬も増えている点が注目を集めています。
アジア圏の埋葬事情は、国によってもそうですが国の中でも地域によってかなり手法が異なります。
火葬をしてから遺骨を川に流すインドのような特徴のある方法をとっているところも少なくありません。
台湾ではお墓は死者の家という言い伝えがあることから、小さな家のような形をしたものを用意するケースが多いです。

新着情報

◎2019/7/10

墓の購入にかかる費用
の情報を更新しました。

◎2019/3/4

海外の墓の在り方
の情報を更新しました。

◎2018/12/19

墓管理・経営の分類
の情報を更新しました。

◎2018/10/18

墓の管理は難題といえる
の情報を更新しました。

◎2018/9/28

サイト公開しました

「墓 海外」
に関連するツイート
Twitter

ボランティアで洗いまわって動画投稿してる海外ネキ 行動の是非はともかく服装がロリポップチェーンソーすぎる

返信先:他3それは、†┏┛⚘😌⚘┗┓† を用意しとけってこと⋯😱 (ジョージみたく海外逃亡せねば🤣)

返信先:こちら星詠み兼35P兼その他海外推し。 に生き埋めで良いので入れてください(???)

日本赤軍の元メンバー 城崎勉受刑者 刑務所で食事詰まらせ死亡 | NHK 自分の意思で海外に行ったくせに散々迷惑かけた日本人に衣食住代金払わせてほんとゴミだね

返信先:海外かよ、あんのに一緒に入れてくれてもいいんだよ?はーと