墓管理・経営の分類

墓管理・経営の分類 お墓の管理や経営はいったい誰がしているのだろうかといった疑問を持つ方は、決して少なくないのではないでしょうか。お墓の運営などは大きく分けると公営の場合には市区町村が公共事業として、お寺や民営の霊園などは宗教法人や公益法人などがおこなっています。そのため自治体は住民の目線で経営をおこなうために、出来る限り安価にお墓を提供する努力を欠かせしません。一方でお寺や民営の霊園はそれぞれの特色を強く打ち出すことで、檀家や契約者に差別化をアピールしているといっても良いでしょう。
どちらが良いかは人によってさまざまですが、自治体が運営管理をするお墓の場合でも、設置されている場所が一等地であるときには人気も高く費用も嵩みます。また民営のほうは公営に比べれば、料金なりに制約が少なかったり自由度が高いといえるのかも知れません。どこを選ぶかは迷うところですが、しっかり比較検討し家族とも話し合って決めると良いのです。

管理する人がいなくなったお墓の問題について

管理する人がいなくなったお墓の問題について 近年、未婚者の増加や少子化の影響などで管理する人がいなくなったお墓の問題が増えています。今までは一度購入すればそれでいいというわけではなく、お寺等には法事毎にお布施や霊園などには使用料を支払うケースも見られました。お金だけの問題ではなくこまめにお手入れしないとお墓の周りは雑草などで荒れてしまい、石も痛んでしまいます。
後継者や親戚がいたとしても遠方でなかなか行けなかったりすることもあります。現在ではそのような色々な事情を抱えた人向けに新しい供養の形が増えています。墓石をたてず樹木を植えると樹木葬、しばらく保管された後合同墓は合葬したり、事前に管理費用を一括で支払うことにより子孫に負担がかからない永代供養など。また、まだまだメジャーではありませんが海へ撒いたりや宇宙に打ち上げたりする散骨など形にこだわらない供養の方法があります。遺された方が困らないように生前に自分の意思を伝えておくことも非常に大切です。

新着情報

◎2019/7/10

墓の購入にかかる費用
の情報を更新しました。

◎2019/3/4

海外の墓の在り方
の情報を更新しました。

◎2018/12/19

墓管理・経営の分類
の情報を更新しました。

◎2018/10/18

墓の管理は難題といえる
の情報を更新しました。

◎2018/9/28

サイト公開しました

「墓 問題」
に関連するツイート
Twitter

返信先:私自身は素行の悪い移民さんたちの迷惑を直接受けてるし、日本のマナーに従って欲しいから、取り消し法は賛成です。 イギリスみたいに人権論議が起こるのだろうけど。嫌なら郷にいれば郷に従え、なんだろうと思う。ムスリムの問題も。ムスリムはその結婚制度の為に人口は世界でも急増しています

母が大分昔に元の姓に戻ってるのに実家のに入れない問題勃発で急遽新たにお寺探し。幸い実家から比較的近いところが見つかりやっと葬儀などの時間決まった…

某声優の情報漏洩と違って不倫自体は当人同士の問題だしと思ってたけど、セリフ使うのはあかん やるならまで持ってってくれ

返信先:日本は、天皇の歴史を信じて 『古墳は歴代天皇のだ!』 と言ってるくらいですからね。 何も証拠は無いのに。 それくらい、世襲制、血統主義の 『反知性主義社会』なのですよね。 イギリス、北米よりも、 群を抜いて酷いと思います。 『そもそも、日本社会に学問が必要か?』 の問題でしょう。

堀井さんが前構想してたらしい【勇者の】みたいなの実装して一般化しないかなぁ……。 じまい問題もあるし合同のほうがおひとりさまは粗末にならん。 ちなうちは、母方はじまいして合同で入れてもらってる。