お墓の管理は有料なのか、それとも無料なのか

お墓の管理は有料なのか、それとも無料なのか お墓の管理は有料なのか、それとも無料なのでしょうか。
これは聞くまでもなく明らかです。
どんな場合であっても、誰かが仕事として維持している以上、普通はそこにお金がかかっています。
ただし絶対にそうかというと、ボランティアとして維持されているケースもあったりしますから絶対とは言い切れませんが、普通はお墓の管理にはお金がかかるものと思っておいたほうがよいでしょう。
ボランティアの場合、それが将来にわたって続けられるのかという一抹の不安もあるでしょう。
また、やはり無料のボランティアの場合にはできること、できる範囲には限界があると考えるべきです。
一方で、お金さえ払えば自分の思い通りにやってくれるかというとそんなはずもありません。
誰かどのように維持されているのかということは、お金を払う以上はしっかりと確認しておくべきでしょう。
もちろん、金額とかいつどのように払うのかということも大事です。
お墓は将来にわたって維持してもらわないと困るからです。

墓を管理するときにかかる金額はどのくらいかかるのか

墓を管理するときにかかる金額はどのくらいかかるのか お墓を維持するには、実は1年に1度管理費を支払わなければなりません。
もしも田舎に先祖代々のお墓がある場合においては、今は両親がその費用を払っていたとしても、いずれは子世代が支払わなければならないものです。
金額は、年間で約1万円から10万円前後となっています。
覚えておくことは、この費用は寺院が管理するケースかそれ以外かで、けっこう額が違う場合があることです。
前者の場合では、通常はかかったとしても約2万円程度で済みます。
しかし、由緒正しい寺などの場合では10万円近くまで跳ね上がることもあります。
後者の寺院以外の霊園などの場合においては、その多くが2万円を超えることはありません。
こうして集められた費用は、霊園や墓地などの整備などに充てられることが多いです。
設備が充実していればいるほど、金額も高くなりがちであることは覚えておいたほうが良いでしょう。
例外もあり、一代限りの使用としている永代供養が目的で建てられたお墓の場合は費用の支払いを続けないで良いことになっています。
使用料だけを支払えば大丈夫です。

新着情報

◎2019/7/10

墓の購入にかかる費用
の情報を更新しました。

◎2019/3/4

海外の墓の在り方
の情報を更新しました。

◎2018/12/19

墓管理・経営の分類
の情報を更新しました。

◎2018/10/18

墓の管理は難題といえる
の情報を更新しました。

◎2018/9/28

サイト公開しました

「墓 有料」
に関連するツイート
Twitter

弔いのカタチ:著名人「じまい」の波(その1) 泉鏡花、合葬避け移転 | 毎日新聞 [有料記事]残り901文字(全文1276文字) 今日(7/22:月)の朝刊(一面)に掲載

毎日新聞の有料特集記事で3週にわたって高木が掲載されてます 「結局はカネなのか」 説教2時間半、じまい交渉で“幻滅”するまで - 毎日新聞

『朝日新聞』7/19夕刊にアリーチェ・ロルヴァケル監督『泥棒と失われた女神』評を書きました。有料記事ですが7月21日 9:59まで全文お読みいただけます。

吐き出してちょっとスッキリした。親がいなくなったら付き合いも最低限にする予定。蔑ろにされてまで付き合う理由もないしね。落ち着いたら自分のの手配をしよう。遺産を親族に遺す気もないから、70代後半になったら有料ホームに入るつもりだし。任意後見の手配もしとかなきゃ。

返信先:じまい」の話題、続きを読みたい。 でも読めない、有料記事だからだ。 「結局はカネなのか」