お墓の管理は有料なのか、それとも無料なのか

お墓の管理は有料なのか、それとも無料なのか お墓の管理は有料なのか、それとも無料なのでしょうか。
これは聞くまでもなく明らかです。
どんな場合であっても、誰かが仕事として維持している以上、普通はそこにお金がかかっています。
ただし絶対にそうかというと、ボランティアとして維持されているケースもあったりしますから絶対とは言い切れませんが、普通はお墓の管理にはお金がかかるものと思っておいたほうがよいでしょう。
ボランティアの場合、それが将来にわたって続けられるのかという一抹の不安もあるでしょう。
また、やはり無料のボランティアの場合にはできること、できる範囲には限界があると考えるべきです。
一方で、お金さえ払えば自分の思い通りにやってくれるかというとそんなはずもありません。
誰かどのように維持されているのかということは、お金を払う以上はしっかりと確認しておくべきでしょう。
もちろん、金額とかいつどのように払うのかということも大事です。
お墓は将来にわたって維持してもらわないと困るからです。

墓を管理するときにかかる金額はどのくらいかかるのか

墓を管理するときにかかる金額はどのくらいかかるのか お墓を維持するには、実は1年に1度管理費を支払わなければなりません。
もしも田舎に先祖代々のお墓がある場合においては、今は両親がその費用を払っていたとしても、いずれは子世代が支払わなければならないものです。
金額は、年間で約1万円から10万円前後となっています。
覚えておくことは、この費用は寺院が管理するケースかそれ以外かで、けっこう額が違う場合があることです。
前者の場合では、通常はかかったとしても約2万円程度で済みます。
しかし、由緒正しい寺などの場合では10万円近くまで跳ね上がることもあります。
後者の寺院以外の霊園などの場合においては、その多くが2万円を超えることはありません。
こうして集められた費用は、霊園や墓地などの整備などに充てられることが多いです。
設備が充実していればいるほど、金額も高くなりがちであることは覚えておいたほうが良いでしょう。
例外もあり、一代限りの使用としている永代供養が目的で建てられたお墓の場合は費用の支払いを続けないで良いことになっています。
使用料だけを支払えば大丈夫です。

新着情報

◎2019/7/10

墓の購入にかかる費用
の情報を更新しました。

◎2019/3/4

海外の墓の在り方
の情報を更新しました。

◎2018/12/19

墓管理・経営の分類
の情報を更新しました。

◎2018/10/18

墓の管理は難題といえる
の情報を更新しました。

◎2018/9/28

サイト公開しました

「墓 有料」
に関連するツイート
Twitter

返信先:はいにーの隣に買って共にバンされたら安らかに眠ります 有料なの作成者すごい儲かってそう、、ww

有料会員限定】 【お墓を継ぐ人がいない… 全国で増殖する無縁】 少子高齢化が進み死亡数が出生数の2倍以上に

返信先: 遺体保管料は葬儀屋でもかかるもんだし、医師の死亡診断書も3千円〜1万円×必要通数、必要。(死ぬのもに入るのも有料)

有料会員限定】 【地の相場からじまいまで「お墓の基本」Q&A】 公立と民間の違い、海洋散骨は申請が必要?

有料会員限定】 【人気の樹木葬や海洋散骨… 変わる葬送の価値観】 一般的なを買った人は14年で4分の1に減少